最近のトラックバック

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2016年9月26日 (月)

ヘラサギ

こういう事があるから探鳥・鳥見は面白い。だっていっぺんに4羽がやって来たんです。
今月初めに1羽が来てくれて、まさか仲間を連れて再び来てくれるなんて信じられません。

なかなかフレームに収まらず、苦心の4羽のショットです。
Herasagi

Herasagi_1

Herasagi_2

ダイサギ以上に神経質になったのはアオサギでした。
Herasagi_5

ここは俺たちの縄張りだぁ。分かったかぁ。
Herasagi_6

2016年9月25日 (日)

オジロトウネン

今年はこれで3度目の出会いでした。私にはとても識別は難しく、明らかに足の色が黄色
っぽい感じを見極めれるかどうかが最大のポイントです。

黙々と採餌していました。
Ojirotonen

Ojirotonen_2

Ojirotonen_3

2016年9月24日 (土)

オシドリ&オオバン

茨戸川の土手伝いに走っていたら、川の淀みにオシドリとオオバンを見つけました。
オシドリ(♀?)はすぐに飛び立ち後ろ姿しか撮れませんでしたが、オオバンはこちらを
意識しながら、ゆっくりと泳いでいました。

オシドリ  マガモも一緒に飛び立ちました。
Img_4795

Img_4796

オオバン
Img_4966

Img_4968

2016年9月23日 (金)

オオソリハシシギ

1年ぶりの出会いでした。誰も居ない砂浜で、しかもあまりにも近い距離だったので、私の
方が引いてしまうほどでした。1対1でゆっくりと会話をしながら楽しんできました。

それにしても変わった嘴です。
Img_4857

Oosori_2

Oosori_3

Oosori_4

Oosori_5

2016年9月22日 (木)

ツルシギ

今年もやって来てくれました。ツルシギがやって来ると、このシギ・チポイントが一気に華や
いで来るのが、本当に不思議です。意外に他の同型のシギに比べて、動きが早いのも特
徴かも知れません。

今日の撮影ポイントはツルの舞です。
Turusigi

Turusigi_1

Turusigi_2

Turusigi_3

Turusigi_4

2016年9月21日 (水)

オグロシギ

今年もシギ・チ撮りを楽しませてくれているオグロシギです。黙々と採餌する姿を写真に
するのは、面白味に欠けるのですが、一旦飛翔する姿を見ると大胆な羽模様に魅了され
てしまいます。

今日は飛翔シーンを見せてくれました。
Ogurosigi

Ogurosigi_1

Ogurosigi_2

Ogurosigi_4

Ogurosigi_5

2016年9月20日 (火)

セイタカシギ→コアオアシシギ

今月の初めに2羽が来てくれましたが、4日前にも2羽が立ち寄ってくれました。
最初色合いが白っぽかったので、コアオアシシギかと思ったのですが、すぐにこの長い足
の特徴に惹きつけられました。もしかして2羽ともに若かな?とも思いましたがどうでしょう。
訂正させていただきます。どうやら私の早とちりで、コアオアシシギでした。


Seitakasigi

Seitakasigi_1

Seitakasigi_2

Seitakasigi_3

Seitakasigi_4

2016年9月19日 (月)

アメリカウズラシギ

ここでアメリカウズラシギを見るのは2~3年振りかも知れません。1羽だけでやって来て
くれて、トウネンと一緒に黙々と採餌をしていました。

来年もまた来て頂戴ね。
Ameuzu

Ameuzu_1

Ameuzu_2

Ameuzu_3

Ameuzu_4

Ameuzu_5

2016年9月18日 (日)

ノビタキ

農道を走っていたら、道路脇の細い杭のてっぺんに止ってじっとこちらを見ていたので、
ちょっと車を停めて撮りました。久し振りに見るノビタキでした。

甲斐変わらずポーズをとってくれました。
Nobitaki_2

Nobitaki_3

Nobitaki

2016年9月17日 (土)

エリマキシギ

今月早々にやって来てくれましたが、今日は全く姿が見えませんでした。
もう渡って行ったんだと思います。強烈な印象は残してくれませんでしたが、何処か心に
残るシギだと思います。

黙々と採餌する姿に何処か魅かれます。
Erimakisigi

Erimakisigi_0

Erimakisigi_1

Erimakisigi_2

Erimakisigi_3

«タカブシギ